I had TOKIWA NO SAI interview for Musiko eye from France .

We have English and  Japanese translation.

植木英史がフランスのWebマガジンMusiko eyeからinterviewを受けました。

原文がフランス語の為、和訳と英訳の掲載を設けました。

14の質問により新譜TOKIWA NO SAIについて話しています。  

​原文はこちら。

Musiko Eye "Rachel Mother Goose interview"sites  

Musiko Eye websites

and I'm very Thanks to Moreno Grosso and Christophe Ciretti.

このインタビューに対しプロモーションして頂いたMoreno Grosso,そしてインタビュアーのChristophe

に感謝致します。

Japanese translation

Questions for interview RACHEL MOTHER GOOSE 

 

Hideshi Ueki RachelMotherGoose/ Christophe Ciretti MUSIKO EYE France 

1.今日は英史さん。お元気ですか。インタビューを始めるに当たり貴方のバンドを紹介して下さいませんか?

クリストフ初めまして。自分のバンドがインタビューを受けることが出来て嬉しいです。

分かりました。我々はRachel Mother Goose 日本出身です。

楽器隊は皆日本人でVoは韓国人です。いわゆるネオクラシカルそしてプログレッシブHMでもあります。我々は名古屋

で1999年に結成された。

2.我々はそれをバンドとして理解すれば宜しいですか?それともソロプロジェクトとして?

現在はソロプロジェクトです。2013年まではバンドとして形態してましたがそれ以降はバンドからソロに変わりま

した。

3.フランスから来日したモレノグロッソは実際にプロモーションスタッフとして動いてくれましたが以前に彼と

どのように出会う事が出来たのかを教えて頂けますか?

ええ!彼はいつも親切にしてくれてとても感謝しています。彼は15年前位に日本で出会いました。

貴方も知っての通り彼は日本のバンドHate Beyondのシンガーです。その時リーダーのWarzyから大阪で紹介を

受けました。そして湖のほとりでバーベキューをしたり。忘れられない体験でした!とにかく彼のヴォイスは凄く

て!!!

4.RachelMotherGooseというバンド名は奇妙な名前ですがどのような事が起こって付けたのでしょうか?

マザーグースの童話でガチョウの上に乗る少女イメージして。

このバンドをスタートさせるときバンド名に対して二つのアイデアがあって。

まず"Rachel"ですが、誰でも直ぐに覚えて貰えるバンド名が欲しくて、そこで思いついた。

誰もが知ってそうなポピュラーな女性の名前は何だ? そこでRachelと名付けた。とっても覚えやすいから。

次にMother Goose。知っての通りマザーグースはイギリスの童話でありその物語にとても興味があって。

もう一つの理由に同国のCamelというプログレッシブHRバンドのアルバム”Snow Goose"が好きだから。

5.最近レコード会社SpiritualBeastから出したアルバムTOKIWA NO SAI。

どのように制作を受けたのですか?

最初は我々は各レコード会社に聴いてもらうためにデモソングを作りました。

しかし長い間のアルバムリリースがないことで何処とも契約が出来ていない状況でした。

とにかく我々は何処とも契約を結ばない状況で本番レコーディングに入った。

そして出来上がった曲をもう一度各レコード会社に聴いてもらって。

いくつかのレコード会社から素晴らしいアルバムだ!と連絡があり反響があった。

結局我々は自分たちの事態を深く理解してくれていたのがSpiritualBeastという理由により彼らを選びました。

6.このアルバムタイトル(ソングタイトルでもそうですが)は日本語で書かれている様にみえますが後のすべては

英語タイトルです。なぜその様に選んだのですか?

ええ。その通り!TOKIWA NO SAIは日本語です。そのタイトルには複雑な意味を持っています。

TOKIWAは常磐であり永久不変という意味です。SAIは才であり彩であり祭、歳、最、財など。

説明するのが難しいですが、、、

幸せで豊かな人生が続くように願う事。

貴方の与えられた多くのSAIは永久不変なほどに尊いという意味がこのアルバムの全てです。

7.このレコーディングに控えていた貴方のバックにいるティームは皆2016年に集まっている事でまだ慣れていなく

この様な経験の浅い状況でアルバム作りはとても大変ではなかったですか?

はい。知っての通りあの時、お互いが短い期間で行うことを承知していた。

直ぐにレコーディングに入るのは危険である。しかし素晴らしいミュージシャンを揃えたから何も憶することは

なかった。まもなく完璧なデモソングと譜面を作った。自分は彼らに細かく演奏の指示をしました。

とにかく自分にはコンポーザーとしての責任があるから。

8.Kelly SimonZ's Blind  Faithでも参加しているベーシストの中村和正について二つの最前線のバンドを持つこと

は彼にとって容易な事なのでしょうか?

彼がいつもそれで忙しいのは分かっています。でも彼はタフですから!我々はうまくやっている。問題なく

そして完璧な男です。

9.今作はイタリアのアレッサンドロ・デル・ヴェッキオがミックスとマスタリングによるものですが一緒に作業をする

ことを選択したのでしょうか?貴方は実際にイタリアに行き彼と会い共に作業をしたのでしょうか?

アルについてですが先ず。自分は彼のファンなんです。一番好きなミックスエンジニアです。

数年前自分はライオンヴィル2を視聴した。

あの時自分は素晴らしいミックスにショックを受けた。もちろん素晴らしい楽曲でもあり。

自分らの作品も彼が仕事してくれたらなあと。

とても興味深い話ですが、自分はFaceBookのメッセンジャーを通じて彼に依頼を試みた。

このような感じで

「初めましてアレッサンドロ。私はあなたのファンです!!あなたのミックスや楽曲はとても素晴らしい!我々のデモ

ソングを聴いて頂けませんか?もし気に入ってもらえたらこの曲を仕事して貰えませんか? お返事待っています。

では後程」と。

すると5分経ってから彼から返事が来た。

「後でにチェックするよ!!」と

アルは曲をとても気に入ってくれて自分の申し出を受け入れてくれた。

彼はとても素晴らしい人で仕事がとても早い。我々は凄い成功を手に入れた。

10.ある意味ではイタリアのネオクラシカル的感情は少し日本に似ていませんか?

多分ドラマティックなアレンジを表現する部分で少し似ているかもしれませんね。

11.Nadir,Signs,TOKIWA NO SAIと3枚のフルアルバムと共に1998年に始まって以来約20年、(※本来は5枚リリース)

定期的にアルバムをリリースすることで一番の有意差は何ですか?

 

ほぼ人間関係がすべてだと思います。​一番重要なことは素晴らしい人材を得ること。

自分には良いスキル、そしてより良い心の持ち主が必要です。

いつもバンドを治めるために手を焼いてきた。

結論として楽に作曲や活動を維持するためバンドからソロ活動を選んだのです。

12.我々の為にヨーロッパや日本ではHMファン達が大変根強く残ってるように見えます。

とても熱心に支援をしてくれて。全くまた日本でもその様なケースでしょうか?

その通り。沢山のHMファンがいます。そしてまた沢山のHR,HMバンドも。お分かりの通り時代が変わって今は

新しいタイプのバンド達が出現しています。もはや伝統的なスタイル表現だけでは長く続かない。

とにかく今自分が何をすべきかを受け入れることがとても難しい。HMだけでなくロックミュージック自体が多様なカテゴリーに

草分けされている。

13.日本もまた我々にとってハイレヴェルーミュージシャンの地の一つでネオクラシカルHMミュージックにとっての聖地です。

そんなハイレヴェルミュージシャンプレイヤーがいる説明をしてして下さい。

そうですね、、、 入門者の立場で見ると

多分日本には沢山の教則本やバンドスコアブックやビデオそして沢山のミュージックスクールや大学があって。

どんなジャンルのテクニック等を何処でも学び易いのではないかと思います。

そしてまたライヴハウス(club)や練習スタジオ、LM楽器屋さんも。とっても沢山、、、

14.次のRachelMotherGooseの計画はどのようになっていきますか?

きっと来年の夏か秋には我々はヨーロッパでどこかのバンドと共に共演するだろう。

一旦それが決まったらお知らせ致しますね。

今は取り敢えず国内ツアーを続けます。

有難うございます。

お時間を取って頂き有難う御座いました。​

date 14.Nov 2017

English translation

Questions for interview RACHEL MOTHER GOOSE 

Hideshi Ueki RachelMotherGoose/ Christophe Ciretti MUSIKO EYE France 

1. Hi Hideshi, hope you're fine ! To begin can you introduce us your band please ?

 Nice to meet you Christophe. I’m very happy to take an interview about that my  band.

Okay. My band name is Rachel Mother Goose from Japan. 

All instrumental member from Japan and Singer from Korea. It’s Neo Classical and Progressive HM band.  We were formed in 1999 at Nagoya Japan.

 

2. Shall we call it a band or more a solo project ? 

 

Now is my solo project.  At first, We were the Band format until 2013, but after I changed format from  the band to solo project.

 

3. Moreno Grosso from France is actually doing some promo stuff for you,

can you tell us how you met him back in the day ?

 

Yeah, Moreno is always kind to me. Very Thanks to him.  So I met him for the first time in Japan ,about 15 years before. 

You know, He is singer of ‘Hate Beyond” from Japan.  That’s time this band leader” Warzy” introduced to me him at Osaka.

And We enjoyed them BBQ in the lakeside.  It’s unforgettable experience to me !! . Anyway His voices is Great!!!

 

4. Rachel Mother Goose is a strange name, can you tell us how it happened to  choose it ?

 

 When I have just started making band, I had two idea about making band name.

 At first, about “Rachel”  I want to have every one remember band name soon. 

Then I came up with a idea.  What’s women’s name of anybody knows famous?

I decided “Rachel”. Too easy remain!  Second, about “Mother Goose” 

You know Mother Goose is very famous Nursery Rhymes in UK.  I’m very interested in this story.

 And I like “Snow goose”of UK’s progressive band “CAMEL” album. 

 

5. You recently released your album Tokiwa No Sai on Spiritual Beast Records,  how was received the record so far ? 

 

At first , We recorded demo songs for get listen some labels.

But We couldn’t contract them due to long time no release album. 

Anyway We started real recording without no contract any labels. 

And We asked them again to let me listen my completed songs.

We had call some labels to the effect that very interesting in your new songs. 

Great! Finally, I chose Spiritual Beast record company because of Nobody understands  us better than this label of ours.

6. The album title (also a song on the album) seems to be written in japanese  as all others songs have english titles, why this choice ? 

 

 Yeah, Right! New album title “TOKIWA NO SAI” is Japanese.  Okay .It's elaborate on meaning of this title. 

"TOKIWA" means to permanently. "SAI" have some means to age and coloring and festival and property.

It’s difficult to explain.  This Contains a wish for keeping live a happy and productive.

 

7. The team behind you on this record is pretty new, with all musicians joining in 2016, was it hard to work on this album having such a little  experience with them ?

 

Yeah. You know ,That’s time ,We have known each other for a short period of  time.  There is a risk of start recording soon.

But I chose great back musicians. I  was no matter. Soon I made flawless demo songs and music score.

 I told them that how to play with impressive to detail.  Anyway I have the responsibility of composer.

 

8. Kaz Nakamura your bass player is also playing in Kelly SimonZ's Blind  Faith is it easy for him to front the 2 jobs ?

 

 I know he is every time busy,but very tough ! We are doing great ! No  problem.

 9.The album was mixed and mastered by the italian Alessandro Del Vecchio, was this choice to work with him ?

Were you physically travelling to meet him in  Italy ? 

About Ale. First, I’m a big fan of Ale. 

Most like mix engineer! Few years ago, I listened CD of Lionville 2 at record  shop.

That time I was shocked great mix. Of cause great songs too. I would be glad  if he could work mix. 

It’s very interested story, I tried to send mail to him by FaceBook messenger. 

As follows.

  “ Nice to meet you Alessandro! I’m a big fan of you!! Your mix and compose  works is great!!

Please listen my band demo songs. If you like this, I would be glad if you  could work mix my songs.  I am waiting for your reply. See you!”

About 5 min after He reply.He said “Later. I will check!! “ Ale like my demo songs very much.  Finally Ale got a job offers!! 

He is very nice guy! Ale is a quick worker.  We gained great successes .

 

10. In a way is italian neoclassical vibe a bit similar as the japanese one ?

 

Maybe little bit similar about represent somethings in a dramatic arrangement. 

 

11. With Nadir and Signs, Tokiwa No Sai is the 3rd real full album since your  beginning in 1998 – almost 20 years – What is the most significant  difficulties to release music on a regular basis ? 

 

Almost ”human relationship”.  Very important things are to get excellent resources.

 I ask the member for with good skill and more good heart.  Ever time I have hard time dealing with politics at the band. 

In conclusion. I chose not team but solo project because of to easy make songs and keeping act.

 

12. For us in Europe Japan seems to have a lot of die hard heavy metal fans,  very dedicated and supportive, is it the case also with japanese bands indeed ?

 

Absolutely,exactly. There are so many HM fan. Also HM HR bands. You know, The > time have changed. Now, New type bands appeared.  It is no longer in circulation playing only Traditional style.

Anyway It’s very difficult to understand what should I do now. Too much wide range of genres not only HM but Rock music. 

 

13. Japan is also for us a land with high level musicians, and the golden land  of neoclassical music,

how can you explain this high level in musical playing ? 

 

Well... as a standpoint.  for beginner.

Maybe In Japan has many music practice book , band score book ,  video, and there are so many popular music school and College.  Very too easy learn all genres guitar technique anywhere. 

Also club and practice studio instruments store . Many many...

 

14. What will be the next projects of Rachel Mother Goose ? 

 

Maybe next year’s summer or autumn, We will play EU. Now I planing it with  someone.  I’ll let you know once we decide!!! 

Please wait news. Now we continue show in domestic.  Thank you!!

 

Thanx for your time :) > Chris

date 14.Nov 2017

NEWSFEED​

29/10/2019

名古屋公演情報のお知らせ

2019/12/21(sat)

来る今年末12月21日にBenighted Majestyのレコ発イベントにRMGがGuest出演致します。
RMG的にはこの日がまた新曲の披露になるでしょう。
チケット購入は当websiteやSNSのメールからも予約可能です。
プレイガイド購入案内については只今確認中です。

詳細はこちら

22/07/2019

名古屋公演情報のお知らせ

2019/10/20(sun)

RMG名古屋公演のお知らせ
来る2019年10月20日(日)にノルウェーのメロディック・プログレッヴ・メタル・バンド CIRCUS MAXIMUSの日本ツアー、名古屋公演でサポートアクトとして出演致します。

に参加。詳細はこちら

7/7/2019

名古屋公演情報のお知らせ

2019/9/14(sat)

NAKED MACHINEのレコ発イベントに参加。詳細はこちら

17/3/2019
上半期のRachel Mother Goose名古屋公演のお知らせが解禁になりました。プレイガイドの詳細は後程お知らせ致します。詳細はGigs

15 AUG 2017

NEW ALBUM INFORMATION_

"TOKIWA NO SAI"NOW ON SALE.

植木のソロバンドとして生まれ変わった初の究極作品をリリース

10曲入りのフルアルバム
Mix and Masteringにアレッサンドロ デル ヴェッキオが参加

 

TOKIWA NO SAI

2017年1月25日(水)発売
品番 (Cat#):IUCP-16257
発売日 (Release Data): 2017.1.25
Jan Code: 4571139013408
¥2,571+税

 

制作・販売元: SPIRITUAL BEAST CO., LTD.
販売元:ユニバーサル ミュージック合同会社

  • Copyright © 1999 Rachel Mother Goose All Rights Reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now